日本ハム 8月勝ち越し 大谷は四球で決勝点アシスト

[ 2013年8月30日 06:00 ]

<日・西>試合後、笑みを浮かべ、陽に駆け寄る大谷(右)

パ・リーグ 日本ハム1-0西武

(8月29日 札幌D)
 日本ハムは4回の1点をウルフ―宮西―武田久の継投で守りきって8月の勝ち越しを決めた。

 打線は今回の西武3連戦で5得点。主砲・中田を骨折で欠いている影響は大きいが、栗山監督は「翔がケガしたときからこういう試合をとらないと、と思っていた」。無安打ながら4回は四球を選んで小谷野の決勝打へつなげた大谷も「西武は(順位が)一つ上。(ゲーム差を)縮められて良かった」と安どの表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月30日のニュース