“終戦”サイレンも誤作動…オリックス 3季連続楽天戦負け越し

[ 2013年8月30日 06:00 ]

<オ・楽>初回、ガックリとベンチに戻る西

パ・リーグ オリックス2-4楽天

(8月29日 ほっと神戸)
 これが最下位チームの弱さだろうか。オリックスの見せ場は3点を追う6回の李大浩(イ・デホ)の21号2ランだけ。連敗を喫し今季ワーストの借金10で3季連続の楽天戦負け越しも早々に決定した。

 森脇監督は「金子の投げる3連戦で、どうしても勝ち越さなければいけなかった。楽天との執念、集中力の差が出た」と無念さをにじませ、会見を打ち切った。

 先発の西が初回に3失点し打線も則本を攻略できず。西本投手兼バッテリーコーチは「(初回)ジョーンズに(先制打を)打たれた後に、マウンドに行って西に一声掛けるべきだった」と悔やんだが後の祭りだ。

 2回の攻撃中には、高校野球で使用するサイレンが誤作動で鳴り響き、試合が一時中断するハプニングも。3位ソフトバンクとのゲーム差は7に広がり、終戦ムードが漂う一戦となった。

 ▼オリックス・西(3失点で7敗目)2回以降は踏ん張れたが、やはり初回です。大事な立ち上がり、何とか最少失点で切り抜けなければいけなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月30日のニュース