ホールトン「3カ月は長かった」105日ぶりうれしい5勝目

[ 2013年8月30日 21:44 ]

<巨・中>ホールトンと並んでナインをハイタッチで迎える原監督(左端)

セ・リーグ 巨人3―2中日

(8月30日 東京D)
 「3カ月は長かった」ヒーローインタビューでホールトンは実感を込めて語った。前回の勝利が5月17日の西武戦。それから3カ月半、105日ぶりのうれしい5勝目だ。

 この日は2回にクラークに四球を与え、高橋周に先制2ランを打たれたが崩れず7回を投げ2安打2失点。原監督も「球の切れが良かった。先頭の四球は気になるところだが、十分に役割を果たしてくれた」と認める好投だった。

 前回登板の23日、DeNA戦では5回KOなど、期待を裏切り続けただけに「戻ってくるまでずいぶんかかったのでうれしいです」と語りながらも「着々とマジックを減らして、早く優勝できるようにがんばります」と終盤の巻き返しを誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月30日のニュース