G・G・佐藤 “抹消覚悟”のパイ攻撃 伊東監督誕生日に手荒い祝福

[ 2013年8月30日 06:00 ]

記者から送られた誕生ケーキのロウソクを吹き消す伊東監督

パ・リーグ ロッテ1-5ソフトバンク

(8月29日 ヤフオクD)
 ロッテ・伊東監督の51歳の誕生日を勝利で飾ることはできなかった。

 試合前、ベンチ裏にケーキが用意され、選手とスタッフが全員でハッピーバースデーを合唱。G・G・佐藤が「いつ2軍に行ってもいいのは僕しかいない」と、手に持っていた生クリームのパイを指揮官の顔にぶつける手荒い祝福も。クリームだらけの伊東監督は「またユニホームを着てよかったと思えた。秋には優勝してみんなで祝いたい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月30日のニュース