野村 聖地プロ初登板で9勝目「高校時代をちょっと思い出した」

[ 2013年8月30日 20:55 ]

<神・広>スラィリーとポーズをとる野村

セ・リーグ 広島3―0阪神

(8月30日 甲子園)
 広島の野村が思い出の聖地で9勝目を挙げた。

 阪神打線を8回3安打無失点に抑え、「(1四球と)無駄な四球を出さなかったし、先頭打者を打ち取れたのが良かった」と振り返った。

 甲子園での登板は準優勝した広陵時代の07年夏以来。「意識しました。高校時代をちょっと思い出した」。青春のマウンドで持ち味のテンポ良く低めを突く投球がさえた。

 打っても2回に自ら右前へ適時打と攻守に躍動した。

 8月は4連勝で1年目の勝ち星に並ぶ9勝目。右腕は「去年はここから1勝ができなかった。去年のようにはいかないようにしたい」と自身初の2桁勝利を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月30日のニュース