宮国 4失点KOも原監督「生き残っています」と追試明言

[ 2012年3月16日 06:00 ]

<中・巨>5回1死一、三塁で降板する巨人先発・宮国(右)

オープン戦 巨人1-4中日

(3月15日 浜松)
 巨人先発の宮国は4回1/3を8安打4失点と振るわなかった。

 強風や寒さも響いて序盤から制球が定まらず、直球も大半が130キロ台半ば。この試合前まで紅白戦を含む実戦4試合は計11イニングを1失点と安定感抜群だっただけに「制球が悪く、力のなさを感じた。実力が分かりました」と肩を落とした。今後は開幕直後は先発は5人で回す方針で、宮国は右肩の張りを訴えた東野らと最後の先発枠を争う。原監督は「十分生き残っています。チャンスをどうものにするか」と追試を明言した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース