青木 満塁で三振「明らかなボール球 全然よくない」

[ 2012年3月16日 09:39 ]

オープン戦 ブルワーズ6―4パドレス

(3月15日)
 ブルワーズの青木は15日、アリゾナ州メリーベールでのパドレスとのオープン戦に6回から左翼の守備に就き、2打数無安打だった。

 内容は空振り三振、左飛で内容が乏しいとあって浮かない表情だった。とりわけ6回は1死満塁で三振。最後は高めの球に手が出て「明らかなボール球。全然よくない」と反省した。

 レネキー監督は「いいところを見せようとして力が入ったはず」とかばったが、試合後に打撃ケージに向かった本人は「ボールの見極めができていないから」と言い訳はなし。3試合連続の無安打にも「長い目で見たら大した辛抱じゃないと思っている」と引きずる様子はなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース