かずさマジック 一発攻勢で敗退…鈴木監督「経験の差」

[ 2012年3月16日 06:00 ]

第67回東京スポニチ大会 かずさマジック2-4日本通運

(3月15日 神宮)
 かずさマジックは、一発攻勢の前に決勝進出を阻まれた。

 先発・平山が4回に2ランを含む2発を浴びて3失点。6回には3番手の久保がソロを許すなど、全失点が本塁打だった。鈴木秀範監督は「一発で仕留められた。日通さんとの経験の差ですね」と脱帽。打線は2点を追う4回に1点差とし、なおも1死三塁としながら後続が倒れるなど、あと1本が出ず。指揮官は「何がこの点差なのか、しっかり分析したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース