星野監督 巨人の契約金報道に「プライドを守るための勇み足でもある」

[ 2012年3月16日 06:44 ]

<楽・ソ>ベンチで険しい表情の星野監督

巨人の契約金「最高標準額」超え契約報道問題

 楽天の星野監督は巨人側に一定の理解を示した。遠征先の岡山・倉敷マスカットスタジアムで報道陣に対応し「巨人という伝統文化、プライドを守るための勇み足でもある」と言及。

 巨人が長年球界をけん引してきた盟主である背景から「常に強いジャイアンツであれ、と背負わされたものを守っていかなければという姿勢、企業努力には理解できる部分もある」と話した。

 しかし、騒動自体については「なぜ今頃出てきたの?」と疑問。「(当時)きちっとしたルールを決めていない協約にも責任がある。具体的なペナルティーを明記しなければ抑止力にならない」と問題提起した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース