新婚森本 2番昇格でV打!小栗旬に話題取られん!?

[ 2012年3月16日 06:00 ]

<D・神>1回無死三塁、適時左前打を放つ森本

オープン戦 DeNA3-0阪神

(3月15日 横浜)
 家庭を持った男は違う。新婚のDeNA・森本が2番で生き生きと仕事した。開幕戦で顔を合わせる阪神を相手に、初回無死三塁から先制の左前打。2連敗中だったチームを勢いづけた。

 「結果的にいいヒットが出た。9番と2番では役割も違う。2番に入るとなった時、チャンスだと思っていきました」

 前夜の段階では「9番・中堅」でのスタメン出場が決まっていたが、この日朝のコーチ会議で打順が2番に昇格。「状態が良くなれば自然と上位を打たせてもらえると思う。できることなら4番を打ちたいけど、そうもいかない」というムードメーカーは、より多く打席が回ってくるだけに燃えていた。

 試合開始30分前。チーム内の連絡の手違いで、森本が9番のままなど前夜までのスタメンが記入された用紙でメンバー交換した中畑監督は「まだ発表しないで!」と場内アナウンスでのスタメン発表を待たせて右往左往。阪神・和田監督、審判団に謝罪して本来のスタメンで臨み「発表前で良かったよ。前代未聞だよな」と苦笑い。それでも森本が決勝打を放ち「巡り合わせかな。あいつはベンチの要求に反応できる選手。適応力がある。大人ですよ」と手放しで称えた。

 今月8日にモデルの悠美(ゆうみ=33)と結婚した森本。夫人は仕事を続けながらも、毎日食事をつくって帰りを待ってくれているという。日本ハムからFA移籍した昨季は左足の負傷もあって不振に終わったが、巻き返しを期す今季は公私ともに充実。「今は山田優ちゃんと小栗旬が旬なので僕(の話題)は終わっちゃったかな」と笑わせた。

 現段階でリードオフマンには俊足の梶谷が固定されそうで、犠打や進塁打をこなせる森本は2番を任されそうだ。それだけに5回1死一塁で梶谷が二盗を決めて好機を広げた直後に見逃し三振に倒れ「追い込まれていたけれど勝負しないといけなかった」と満足していない。チームのため、自分のため、そしてとびきりの美人妻のためにも、さらに結果を残していく。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース