急きょ4番の福留「ただ4番目に打っただけ」

[ 2012年3月16日 09:35 ]

オープン戦 ホワイトソックス3―12インディアンス

(3月15日)
 ホワイトソックスの福留は15日、アリゾナ州グッドイヤーでのインディアンスとのオープン戦に「4番・右翼」で出場し、2打数1安打だった。

 内容は一ゴロ、左前打、四球、四球で、8回に代走を送られ交代した。

 主軸のダンが欠場し、急きょ座った4番で福留が4試合連続安打となった。「体が反応して目も慣れてきている」と順調な仕上がりに満足げで「ただ4番目に打っただけ」と笑いながら話した。

 3、4打席目は2ストライクから四球を選ぶなど、内容のある打席が続いた。福留は「追い込まれてから四球を取ったりできているのはいいのかな。(状態は)悪くない」と手応えを感じていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース