巨人契約金騒動に平野文科相「コメントする立場にない」

[ 2012年3月16日 11:12 ]

 平野博文文部科学相は16日の記者会見で、プロ野球巨人が一部選手と契約金の「最高標準額」を超える契約を結んでいたことについて「具体的事案にコメントする立場にない。球団や日本野球機構のルールの中でしっかり議論してほしい」と述べ、関係者の対応を見守る考えを示した。

 文科省はスポーツ振興やプロスポーツ団体を所管している。

 平野氏は「強い球団だけが強くなるとプロ野球全体の活力がそがれ、ファン離れが起こると一般的に言われている」とも述べた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース