桃井球団社長「少なからず流出していた、ということは確か」

[ 2012年3月16日 06:00 ]

巨人の桃井球団社長

契約金「最高標準額」超契約報道問題

 【桃井球団社長に聞く】

 ――当時、契約金は1億5000万円を超えていたのか?

 「それは申し上げられない。プライバシーに触れる形になる。選手の契約部分について言えないのはつらいところ」

 ――報酬加算金という制度があるとされているが?

 「最初から高い金額を確定的に約束するのは、合理的ではないだろうということ。ひとつの出来高払いというか、この線をクリアしたらこれだけを今年払いましょうと。そういう方式に2001年頃から切り替えたというのが実情」

 ――契約金高騰の抑制という意味はないのか?

 「高騰を防ぎたいからというのもあるかもしれないし、新人に対して球界の目安はこれくらいですよ、というのもある」

 ――渡辺恒雄球団会長、白石興二郎オーナーと協議は?

 「基本的にルール違反はないということなので、渡辺なり、白石に相談することではなかった」

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース