近大監督に業務委託2千万円の覚書 巨人は支払い否定

[ 2012年3月16日 22:30 ]

 朝日新聞が16日、1998年ドラフトの逆指名制度でプロ野球巨人に入団した二岡智宏選手(現日本ハム)が所属していた近大野球部の当時の監督が、退職後に巨人から業務委託を受け、2千万円を受け取るという覚書を交わしていたと報じた。

 巨人はこの報道を受け「お金が支払われたことはない。(覚書の存在は)古いことなのではっきりしない」と説明した。近大の総務部広報課は「個人がどのような覚書を交わしたかは関知していない。大学としては、就業規則は破っていないという認識」としている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月16日のニュース