菅野 最終戦に集中…ドラフト「自分では何もできない」

[ 2011年10月22日 06:00 ]

 2季ぶりのリーグ優勝を決めている今秋ドラフトの主役、東海大・菅野智之投手(4年)は、22日の最終節・日体大戦(大田)に先発する。

 27日のドラフト前最後のカードとなるが「(ドラフトは)自分では何もできない。しっかり投げるだけ」と淡々と話した。また、明治神宮大会出場を懸けた関東地区代表決定戦の初戦(31日)の相手が白鴎大に決定。「(ドラフト候補の)岡島や塚田と対戦するのが楽しみ」と意気込んでいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月22日のニュース