クラブチーム所属選手の育成ドラフト指名OK

[ 2011年10月22日 06:00 ]

 社会人野球を統括する日本野球連盟と日本野球機構(NPB)が、クラブチーム所属選手の育成ドラフト指名は問題なしとすることで合意したことが21日、分かった。

 昨年の育成ドラフトでは巨人、ロッテ、楽天がクラブチームから計4選手を指名。これは05年12月に育成選手制度を導入して以来、日本野球連盟に所属する選手の最多指名となり、日本野球連盟は制度導入時にプロ側から受けた説明と制度の趣旨が異なるとしてNPBと協議を続けていた。育成ドラフトは27日のドラフト会議後に行われる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月22日のニュース