野村 優勝と史上7人目偉業懸け東大戦に先発!

[ 2011年10月22日 06:00 ]

 今秋ドラフトの目玉右腕の明大・野村祐輔投手(4年)は22日、チームの4季ぶり優勝と史上7人目となる30勝&300奪三振を懸けて東大戦に先発する。

 勝てば優勝へ王手をかける一戦に向けて、この日は都内の同校グラウンドで45球の投球練習。三振はすでに349奪三振で30勝にはあと1勝と迫っている。それでも「そこまでは意識しない。チームの勝ちにつながるように投げたい」と、記録よりも優勝へ全力を尽くす。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月22日のニュース