首位打者へ 原監督 臨機応変に長野をサポート

[ 2011年10月22日 07:27 ]

フリー打撃を終えた長野

 巨人の原監督は、レギュラーシーズン最終戦となる22日の横浜戦(東京ドーム)で首位打者のタイトルが懸かる長野の起用法に配慮する意向を示した。

 長野は阪神・マートンに3厘差で打率トップ。マートンが逆転するには残り3試合で8打数4安打以上が必要で、長野は最終戦ではスタメンを外れ、同日に広島戦(マツダ)があるマートンの戦況を見つつ、代打での出場にも備えることが濃厚だ。原監督は「タイトルを目前に戦える人がいるのは、素晴らしいこと。できる限り力になりたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年10月22日のニュース