マートン2安打で長野に3厘差!来季はメジャー復帰も?

[ 2011年10月22日 06:00 ]

セ・リーグ 阪神4-2横浜

(10月21日 甲子園)
 首位打者と最多安打を争う阪神のマートンが、6回1死満塁から走者一掃の逆転二塁打。8回にも二塁打を放ち、打率トップの巨人・長野に3厘差と迫った。

 「甲子園で最後の試合だったので、ファンのため、チームのためと思って打席に入った」と満足げ。来年も甲子園で会えるか、という問いには「タイガースも好きだが、メジャーでやりたい気持ちもある。神様が導いてくれたところでやる」と話した。

 ▼阪神・藤川(4年ぶりの40セーブ)まあ4位ですからね。申し訳ないというのもある。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年10月22日のニュース