原監督“下克上”宣言!「必ず東京ドームに戻る」

[ 2011年10月22日 21:40 ]

今季最終戦を終え、ファンにあいさつする巨人・原監督(中央)

セ・リーグ 巨人5-2横浜

(10月22日 東京D)
 劇的な逆転サヨナラ勝ちで今季最終戦を締めくくった巨人。試合後、レギュラーシーズン終了セレモニーでマイクの前に立った原監督は、力強くこう言い切った。

 「選手全員の気持ちを代弁させていただきます。最終戦を終え、新たな目標に向けスタートを切ります。必ず東京ドームに帰ってきます」。

 29日からのCSファーストステージはヤクルトと神宮で対決。そこを勝ち上がると、11月2日から中日とナゴヤドームでのファイナルステージ。本拠地・東京ドームに戻るには、日本シリーズ進出を決めた場合のみ。ファンへのあいさつで、最後まで引き締まった表情を崩すことのなかった指揮官は、レギュラーシーズンの悔しさを胸に、しっかりと前だけを見据えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月22日のニュース