阪神 25日にも和田新監督誕生へ

[ 2011年10月22日 06:00 ]

<神・横>阪神の新監督就任が決定的となった和田コーチ

 阪神の来季新監督として和田豊1軍打撃コーチ(49)の内部昇格が21日、決定的となった。

 退任が決まっている日本ハム・梨田昌孝監督(58)を候補として進めてきた外部招へい案を断念。現役、コーチを通じて阪神一筋27年の和田コーチに、チーム再建を託す方針が固まった。25日に行われる坂井信也オーナー(63)と南信男球団社長(56)のトップ会談で最終決定する見通しだ。

 チームは24日の広島戦(マツダ)で今季の全日程が終了。和田コーチは現段階での監督就任要請を否定した上で、「まだシーズンを戦っているのだし、真弓監督が退任されるのは僕らコーチにも責任があるので」と語るにとどまった。

 25日は真弓監督のオーナー報告会があり、同監督の退任会見が設定されるもよう。その後、坂井―南会談を経て「和田新監督」が誕生する。

 ◆和田 豊(わだ・ゆたか)1962年(昭37)9月2日、千葉県出身の49歳。我孫子から日大に進み、84年ロサンゼルス五輪で金メダル獲得。同年ドラフト3位で阪神入団。88年に遊撃のレギュラーに定着。97年には開幕から24試合連続安打の日本記録を樹立した。01年に打撃コーチ兼任となり同年限りで引退。02年から今季までコーチを務める。通算成績は出場1713試合で打率.291、29本塁打、403打点、93盗塁。二塁手としてベストナインを2度、ゴールデングラブ賞を3度受賞。1メートル74、75キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月22日のニュース