カージナルス手痛い逆転負け…ラルーサ監督「脱帽」

[ 2011年10月22日 06:00 ]

ワールドシリーズ第2戦 カージナルス1-2レンジャーズ

(10月20日 セントルイス)
 カージナルスは本拠地で手痛い逆転負けを食らった。

 0―0の7回2死一、三塁で、それまで7イニングを無失点だった先発ガルシアの代打・クレイグが先制の右前打。第1戦でも決勝打を放ったラッキー男の快打で勝利を引き寄せたかに見えたが、9回に抑えのモットが虎の子の1点を守りきれなかった。失策も重なった9回の逆転劇に、トニー・ラルーサ監督は「脱帽するしかない。ベストを尽くしたが、相手が上回った」と肩を落とした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年10月22日のニュース