増渕 CSファーストSでセットアッパーに指名

[ 2011年10月22日 06:00 ]

軽快な動きでノックをこなす増渕

 ヤクルトの小川監督が、CSファーストS(神宮)でのセットアッパーに増渕を指名した。

 神宮で全体練習を行い「バーネットの状態がいまひとつなら、そこに増渕を入れる」と明言。今季23試合連続無失点を記録したバーネットは右手首豆状骨剥離骨折のリハビリ明け。現在は宮崎でフェニックスリーグに参加している。今季最終戦となる25日の広島戦(神宮)でテスト登板を行うが、その結果次第で昨季に「7回の男」として活躍した増渕が「8回の男」に配置転換される。増渕は「緊迫した場面での登板は好き。アドレナリンそのままでいけるので」と意気に感じていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月22日のニュース