責任はコーチにも…西村監督“反省と対策”求める

[ 2011年10月9日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ0―8楽天

(10月8日 Kスタ宮城)
 ロッテのエース・成瀬が今季最短の2回2/3を10安打7失点で自己ワーストの12敗目。

 単調なリズムで早いカウントから直球を狙い打たれた左腕は「多くのファンが来てくれているのに申し訳ない」とうなだれた。打線も田中には今季52イニングでわずか2得点。試合後、青山総合コーチ、成本投手コーチらを監督室に呼んで、成瀬についての反省と対策を報告させた西村監督は「(成瀬は)もう1回登板がある。エースだからしっかり締めてほしい」と奮起を促した。

 ▼ロッテ伊志嶺(楽天・田中について)スプリットが高めに浮いてこない。それが点が取れない理由だと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース