西武・牧田が節目の20セーブ目「目標だった。でもまだ通過点」

[ 2011年10月9日 18:07 ]

<日・西>20セーブ目を挙げた西武・牧田

パ・リーグ 西武6-2日本ハム

(10月9日 札幌D)
 西武の守護神・牧田が終盤のピンチをしのいで、日本ハムのCS進出決定を阻むとともにチームのCS進出へ望みをつないだ。

 リードを3点に縮められた8回、1死満塁となったところで登板。「打たれても、自分の投球をしようと。高さとコースを意識するだけだった」とコーナーを丁寧につき、中田、ホフパワーを抑えてみせた。

 6月から抑えに転向し、節目の20セーブ目。「抑えになったときから20セーブは目標だった」と牧田。「達成したが、通過点。自分が投げてチームが勝ち続ければいい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース