捕手が二塁で先発…日本ハム故障者続出で敗戦も奮闘

[ 2011年10月9日 06:00 ]

ファーム日本選手権 日本ハム3―4中日

(10月8日 サンマリン宮崎)
 日本ハムは9回2死から佐藤の振り逃げをきっかけに1点差。なお二、三塁と詰め寄ったがあと一歩及ばなかった。

 捕手の荒張が二塁で先発するなど故障者続出で苦しんだが、五十嵐2軍監督は「チームとして“最後まで諦めない野球”を目指してきたが、それができた」。右肩故障の影響で、今季はDHに専念してきたルーキーの西川が9回に中前適時打を放つなど3安打で優秀選手を獲得。敗戦にも奮闘した若手を称えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月9日のニュース