法大・原田サヨナラ打 東大にあわや“金星”献上も

[ 2011年10月9日 06:00 ]

東京六大学野球第5週第1日 法大1―0東大

(10月8日 神宮)
 法大は0―0の9回1死二塁から、原田が中越えにサヨナラ二塁打。

 「前の打者が二塁に進んでくれたので、楽な気持ちで打席に入れました」。7回まで東大の先発・鈴木の前にわずか3安打に封じられた。三上朋の力投で何とか勝ちを拾った格好に金光興二監督は「こういう試合になる可能性は十分にあると話していた。野球の厳しさを実感したんじゃないでしょうか」とした。

 ▼東大・御手洗健治監督 残念な試合。鈴木くんはよく投げてくれたが、9回の失策が痛かった。好機に一本が出ていれば…。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース