完敗も想定内!?落合監督どこ吹く風「こういう日もある」

[ 2011年10月9日 06:00 ]

<中・巨>ベンチ裏に引き揚げる落合監督。左は伊藤

セ・リーグ 中日0-4巨人

(10月8日 ナゴヤD)
 中日は9回に4点差を追いつかれた前夜のショックが残っていたのか。10月初の黒星で、連勝は5でストップ。それでも落合監督は、まるで気にしたそぶりを見せなかった。

 「きょうはこういう試合。こういう日もある」。敗戦時のお決まりのセリフ。投打ともに圧倒されたが、指揮官にとっては想定内だったのかもしれない。先発はプロ3年目の伊藤。本来の順番だったソトは故障で2軍落ちしている。代役として先発した20歳だったが、荷が重かった。3回に阿部の二塁打で先制点を献上。4回にも3点を失うなど、4回4失点でKOされ「負けられない大事な試合で、自分の役割を果たすことができなかった…」とうつむいた。

 打線も沢村の前に1安打。得点圏に走者を進めたのは6回だけで、今季21度目の零敗だ。それでも2位ヤクルトも敗れ、首位の座はキープ。残り11試合、指揮官の試合に臨む姿勢は変わらない。

 ▼中日・平田(2回に沢村からチーム唯一の安打)相手は絶好調ではなかったと思うけど、気がついたらやられていた感じ。あっという間に終わってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース