殊勲“ダー”モーガン 斎藤に絶叫「元気ですか!」

[ 2011年10月9日 06:00 ]

<ブルワーズ・Dバックス>シャンパンをかけられるモーガン

ナ・リーグ地区シリーズ第5戦 ブルワーズ3―2レイズ

(10月7日 ミルウォーキー)
 ブルワーズのモーガンが劇的な勝利を呼び込んだ。

 同点の延長10回1死二塁で、プッツの94マイル(約151キロ)直球を中前へ。一、二塁間で両手を上げて大喜びし、ベンチを飛び出したナインにもみくちゃにされた。開幕直前のトレードでナショナルズから移ってきた31歳の俊足外野手は「とにかく気持ちを落ち着かせた。高めにくるのを待っていたんだ」。シャンパンファイトでは日本語で「ゲンキデスカー!」と絶叫、斎藤と喜びを分かち合った。

 ≪サヨナラ決着は6年ぶり≫大リーグのポストシーズンで、サヨナラ勝ちでシリーズが決着するのは05年地区シリーズのアストロズ―ブレーブス戦以来6年ぶり。延長戦でのサヨナラは97年マーリンズ―インディアンスのワールドシリーズ以来2度目となる劇的な幕切れだ。また、同一地区の球団がリーグ優勝決定シリーズを戦うのは、ナ・リーグでは07年ロッキーズ―ダイヤモンドバックス以来4年ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース