「雰囲気違う」建山は充実、上原は無念「参加できないのは…」

[ 2011年10月9日 17:15 ]

タイガース戦のブルペンで試合を見守るレンジャーズ・建山(左)と上原
Photo By スポニチ

ア・リーグ リーグ優勝決定シリーズ レンジャーズ3―2タイガース

(10月8日 アーリントン)
 リーグ優勝決定シリーズから登録されたレンジャーズの建山は、5回にブルペンで投球練習したが、登板機会はなかった。それでもベンチから応援した地区シリーズとは「雰囲気が違う」と充実感をにじませた。

 ブルペンからマウンドへ向かった仲間が次々と好投する姿に「こういう試合をものにできる投手陣もいるのは、すごく強い」と感心しきり。一方、3点本塁打を浴びた地区シリーズ第2戦を最後に登板がない上原は、初戦白星にも「参加できていないのが残念です」と無念さを口にした。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース