上原「もうけもんと思って」建山「チャンスもらえれば」

[ 2011年10月9日 06:00 ]

 タイガースとの決戦を前に、本拠地で練習と合同会見を行った。

 地区シリーズ第2戦で3ランを許してから登板機会のない上原は「もやもやが消えていない」と、完全に気持ちの切り替えができていない様子。それでも「もうけもんやと思ってやります」と巻き返しを誓った。一方で地区シリーズでは選手登録から外れていた建山は「チャンスをもらえば、今までやってきたことをマウンドの上で出すだけ」と話した。

 ▼タイガース、ジム・リーランド監督(ヤンキースとの地区シリーズ第5戦から一夜明け)ほとんど寝ていない。正直なところ(会見などが)義務づけられていなければ、球場に来ないで選手を休養させている。先発投手は(24勝右腕の)バーランダーに第1戦と第5戦を任せる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース