日本復帰も選択肢 福留「どこであろうといい」

[ 2011年10月9日 06:00 ]

シーズンを終え帰国した福留

 4年契約の最終年を終えたインディアンスの福留が、成田空港着の航空機で帰国した。来季ついては「何も考えていない」と、大リーグ残留か日本復帰かを含めて白紙であることを強調。

 その上で「どこであっても常に自分がプレーできれば、それが(日米含め)どこであろうといい」との考えを示した。まずはメジャー球団を優先に新天地を探す方針とみられる。

 カブスでスタートした今季、福留はチーム方針で左腕が先発した際はほとんどの試合でスタメンを外れた。しかし7月末にア・リーグ中地区で優勝争いをしていたイ軍に移籍すると、右翼のレギュラーとして先発に定着。「なかなかできない経験をして、面白い1年だった。毎試合プレーできるというのは疲れなかった。満足している」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース