福留争奪戦 国内球団は静観…中日「リップサービスでしょう」

[ 2011年10月9日 11:19 ]

シーズンを終え帰国した福留

 4年契約の最終年を終えたインディアンスの福留が8日に帰国。来季について「何も考えていない」と白紙であることを強調した。

 福留の去就について、国内球団は現時点では静観の構えだ。古巣・中日は、来季監督に就任する高木守道氏が「イチローや福留、川上にも来てほしい」と発言していたが、佐藤良平球団代表は「まだ検討していない。高木次期監督がそういう発言をされたのはリップサービスでしょう」と強調。

 また、07年オフに福留がFA宣言した際、日米争奪戦に参戦した阪神は、南信男球団社長が「今のところは何もない」と話すにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース