日本一から最下位…ロッテ パ史上初の屈辱

[ 2011年10月9日 16:36 ]

パ・リーグ ロッテ3―4楽天

(10月9日 Kスタ宮城)
 ロッテは追い上げが届かず、1998年以来13年ぶりの最下位が確定。前年の日本シリーズを制したチームが6位に沈むのは、パ・リーグで史上初。セを含めても3球団目の大失速だった。

 5回までに先頭打者が3度出塁したが、無得点。2―4の9回には相手の失策も絡んで1点を返し、なお無死一、三塁。ここから代打大松、根元、伊志嶺が凡退し、追い付けなかった。

 先発の渡辺俊は5回3失点と粘ったが「簡単に先に点を取られてしまい、チームに申し訳ない」とがっくり。西村監督は「ここに来て、どうのこうのは言いたくない。(残りも)しっかり戦わないと」と言葉少なだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース