細山田、球児からサヨナラ打「基本的に打てない投手」

[ 2011年10月9日 06:00 ]

<横・神>9回2死二、三塁、細山田にサヨナラ打を浴びる

セ・リーグ 横浜3―2阪神

(10月8日 横浜)
 横浜・細山田が藤川からプロ初のサヨナラ打を放った。1―2の9回2死二、三塁から中前打を放つと二塁走者の荒波も生還。大歓声の中、お立ち台に上がった3年目は「本当に信じられない」と笑顔を見せた。

 好機に代打を送られる場面が多かったが、捕手を使い切っていたため延長突入を考慮してそのまま打席へ。「(藤川は)基本的には打てない投手。変化球が来たらごめんなさいで、高めの直球だけを振りにいった」と開き直って149キロ直球を捉えた。

 伏兵の劇的な一撃に、尾花監督は「よくあそこで打ってくれた。頑張っているのでご褒美だったのでしょう」とうなずいていた。

 ▼横浜・筒香(6回に右越え8号ソロ)ずっと久保さんから打てていなかったので。やっと打てました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース