フ軍最後の打者・ハワード 一塁走りアキレス腱断裂か

[ 2011年10月9日 06:00 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第5戦 フィリーズ0―1カージナルス

(10月7日 フィラデルフィア)
 優勝候補が姿を消した。フィリーズの先発ハラデーが8回6安打1失点と奮闘も、強力打線がわずか3安打と沈黙。

 球団新記録の年間102勝を挙げて5年連続プレーオフに進出し、フ軍史上最強の呼び声も高かったが、07年以来の地区シリーズ敗退を喫した。チャーリー・マニエル監督は「非常にむなしい」とがっかり。昨年に続き最後の打者となった主砲ハワードは、二ゴロで一塁へ走った瞬間に左足アキレス腱を断裂した可能性があり「最悪だ」と目はうつろだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月9日のニュース