ロッテ瀬戸山球団社長 今季限り辞任を表明 石川本部長も

[ 2011年9月18日 14:29 ]

ロッテの瀬戸山隆三球団社長

 プロ野球ロッテの瀬戸山隆三球団社長は18日、今季限りで辞任することを明らかにした。最下位に低迷するチームの不振の責任を取るためではなく「8年もやったらくたびれる。1回、ゆっくりさせていただきたい」と理由を話した。石川晃運営本部長も辞任し、今季限りで球団のフロントのトップとナンバー2が入れ替わる。後任は未定。

 瀬戸山社長はダイエー(現ソフトバンク)の球団代表を経て2004年にロッテの球団代表に就任し、06年から社長を務めている。年々赤字を削減し、05年と10年には日本一に輝いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース