オリックス4連勝!殊勲の大引「上を目指して全力で戦う」

[ 2011年9月18日 16:51 ]

パ・リーグ オリックス7―6ロッテ

(9月18日 QVCマリン)
 オリックスが逆転で4連勝。4位楽天とのゲーム差を4に広げた。

 4―5の7回1死二塁、坂口の中前三塁打で追いつくと、続く大引が左前へ勝ち越しタイムリー。前の試合まで30打席連続無安打と不振だった4番T―岡田はきっちり右犠飛を放ち、この回3点目を挙げた。殊勲の一打を放った大引は「正面にいったかと思ったが、抜けた瞬間うれしかった」と振り返り、「上を目指して全力で戦っていく」と3年ぶりのクライマックスシリーズ進出を見据えた。

 岡田監督はT―岡田が左方向に2安打を放ったことに触れ「反対方向に、強引にいかないようにしないとな。ああいう積み重ねよ」と喜んだ。

 先発マクレーンは初回5失点と大誤算だったが、3番手フィガロが5回1/3を1失点と逆転を呼び込む好投をみせて今季7勝目。ロッテは6連敗で借金18。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース