ロッテ西村監督 来季続投要請を受諾

[ 2011年9月18日 14:36 ]

 ロッテの瀬戸山隆三球団社長は18日、西村徳文監督に来季も引き続き指揮を執ることを10日に要請し、受諾されたことを明らかにした。瀬戸山社長は「続投の話をして、当然のことながら了解をもらった」と話した。西村監督は来季が2年契約の最終年となる。

 西村監督は就任1年目の昨季、チームを5年ぶりの日本一に導いたが、今季は故障者が続出して最下位に低迷する。ただ、球団は若手を育ててきた手腕を評価している。また、18日に辞任を発表した瀬戸山社長は「来季の(コーチ陣の)組閣は、新しいフロントがつくる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース