栗山が決めた!西武サヨナラ勝ちで楽天に1厘差肉薄

[ 2011年9月18日 16:30 ]

9回西武2死一、三塁、栗山が左翼にサヨナラ打を放つ

パ・リーグ 西武2―1楽天

(9月18日 西武D)
 西武が今季4度目のサヨナラ勝ちで、引き分けを挟んで4連勝。4位楽天にゲーム差なし、勝率1厘差に肉薄した。

 0―1の6回に中島の左前への二塁打で追いつくと、9回2死から上本、片岡の連打で一、三塁のチャンス。最後は「チャンスが来ると思っていた。集中して余計なことは考えずに打った」という栗山の左前打で試合を決めた。

 投げてはベテラン西口が1失点完投で9勝目。楽天は最近2カードで4度目のサヨナラ負けを喫し4連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース