5年ぶり頂点へ 大阪市信用金庫、開幕戦白星

[ 2011年9月18日 06:00 ]

<六花亭・大阪市信用金庫>先発した大阪市信用金庫の三河

天皇賜杯第66回全日本軟式野球大会第1日 大阪市信用金庫6―1六花亭

(9月17日 岩手県営野球場)
 大阪市信用金庫は高円宮妃久子さまご臨席の下で行われた開幕戦を白星で飾った。初回に敵失で先制すると、3番・田北主将が3回に右越え三塁打、5回には左中間二塁打を放って加点するなど主砲が活躍した。

 18日の2回戦は昨年大会優勝の日本通運四国(香川)と対戦。昨年大会はその日本通運四国に3回戦で敗れているだけに、長岡徹也監督は「去年負けているし、一戦必勝です」と気合を入れた。過去優勝3度の名門は、06年以来5年ぶりの頂点を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース