今季11度目…坂本ソロの1点のみ 巨人貧打に泣く

[ 2011年9月18日 06:00 ]

<巨・中>厳しい表情の原監督

セ・リーグ 巨人1-3中日

(9月17日 東京D)
 巨人は最後まで決定打が出なかった。2点を追う9回2死満塁で代打・大村が投ゴロ。7安打で坂本の14号ソロによる1点のみの攻撃陣に原監督は、言葉をグッとのみ込んだ。

 「切り替えていくしかないわけですから。ぼやいてもしようがない」。あと1本が出ない。4回無死一塁、フルカウントから一塁走者の寺内がスタートも、長野は強烈な一直で併殺。6回2死二塁はラミレスが空振り三振に終わった。ここ5試合で18打数2安打の主砲は「4番が打たないと勝てないのは分かっている」と責任を背負った。ソロ本塁打のみの得点で敗れたのは今季11度目。6安打で3得点の中日とは対照的だった。

 原監督は「最善策でどういうふうに用兵するかは、あしたになってみないと分からない」と打順変更も思案した。首位ヤクルトとは絶望的な8ゲーム差。ツバメを追ううちに、2位の竜にも2・5ゲーム差と離された。

 ▼巨人・岡崎ヘッドコーチ(ラミレスの打撃内容に)本来の姿から、結果を見れば落ちている。振り遅れる、打てる球がファウルになるというのがある。

 ▼巨人・西村(同点の7回2死二塁で堂上剛に決勝二塁打を浴びて今季2敗目)あそこはもう少し厳しくいかないと。せっかく2死までいったのに…。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース