リベラ 歴代1位タイの601セーブ 「いつもの仕事をしただけ」

[ 2011年9月18日 08:43 ]

今季42セーブ目を挙げ、ホフマン投手の持つ通算601セーブのメジャー歴代1位記録に並んだリベラ

 米大リーグ、ヤンキースのマリアノ・リベラ投手(41)は17日、トロントでのブルージェイズ戦で今季42セーブ目を挙げ、パドレスなどで活躍したトレバー・ホフマン投手の持つ通算601セーブのメジャー歴代1位記録に並んだ。

 1―6の試合を打線がひっくり返し、1点をリードして迎えたブルージェイズ戦の9回に登場。いつものようにカットボールを駆使して、見逃し三振、一ゴロ、中飛と三者凡退に仕留めた。チームは2季ぶりの地区優勝に向けてまい進中。右腕は「(601は)すごい数字だけど、最も大切なのは試合に勝つこと。いつもの仕事をしただけ」とさらりと言ってのけた。
 パナマ出身のリベラは1995年に大リーグデビューし、カットボールを武器に97年からはヤンキースのクローザーに定着。2004年の53セーブがシーズン最多で、セーブ王には3度輝いている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース