拙攻ドロー 5度の先頭出塁生かせずソロ2発のみ

[ 2011年9月18日 06:00 ]

セ・リーグ 横浜2-2ヤクルト

(9月17日 神宮)
 横浜は先頭打者を5度出塁させながら、得点はそのイニング以外のソロ2発による2点だけ。

 12残塁の拙攻で今季10度目の引き分けに終わった尾花監督は「そうなんだよ。きょうも押しているわけだろ?狙い球のチョイスとかを勉強していかないといけない」と嘆いた。

 2年目の筒香は全5打席で得点圏に走者を置きながら4三振に1四球と結果を残せず。9回2死一、二塁でも林昌勇の前に見逃し三振に倒れて「甘い球が来ないですね。勉強しないといけないし、それをしっかり心にとめて次に生かしていきたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月18日のニュース