失策で先制点献上、四球連発…ミスで今季6度目零敗

[ 2011年7月10日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト0―6阪神

(7月9日 秋田)
 ヤクルトはミスが重なり今季6度目の零敗を喫した。4回2死二、三塁で二塁・田中がブラゼルの打球を失策。先制点を献上した。

 7回以降は中継ぎ陣が3イニングで計7四死球。8回には1死二、三塁から、田中が藤井彰の打球を本塁送球も間に合わずに(記録は野選)4点目を失うなど、失点に絡むミスが目立った。チームは首位を堅守も連勝は4でストップ。小川監督は「負けるべくして負けた。ミスでの失点ばかり。こういうミスが出ちゃうとどうにもならない」と苦い表情だった。

 ▼ヤクルト・田中(4回に適時失策。8回には野選が失点に絡む)アウトにしなくてはいけなかった。もったいないプレーだった。

 ▼ヤクルト・山本斉(5回2/3で自責0)ラストチャンスと思ってやったが、結果を出さなければいけなかった。低めに投げられたことは良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月10日のニュース