父も兄もプロ…福岡工大城東・笠原7回10K

[ 2011年7月10日 06:00 ]

福岡大会1回戦 福岡工大城東4―0八女工

(7月9日 久留米市)
 福岡工大城東は来秋ドラフト候補でもある2年生左腕・笠原が7回を10奪三振。速球は自己最速にあと1キロと迫る142キロだ。父はロッテ、ダイエーで投手として活躍した栄一さん、同校OBでもある兄は巨人投手の将生(しょうき)だ。

今 春福岡大会の福岡工戦で自己最多の16奪三振もマークした笠原は「もっと三振を取るつもりだったけど、緊張で取れなかった」と快投にも不満げな表情を見せた。今春九州大会は鹿児島実に2回9失点でKOされており「目標は甲子園。鹿実とやりたい」と同校5年ぶりの大舞台を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月10日のニュース