斎藤、カーブ多投でしのぐ「ヘルシーでいられるのが一番」

[ 2011年7月10日 18:06 ]

ナ・リーグ ブルワーズ4―8レッズ

(7月9日 ミルウォーキー)
 同点の7回に登場したブルワーズの斎藤は、2安打されながらも、カーブを有効に使って1回を無失点でしのいだ。打たれたのはどちらも速球。ベテラン右腕は「相手が真っすぐ狙いだというのは分かっていた」そうで、捕手のサイン通りカーブを低めに集めた。

 これで復帰後は3試合とも無失点。チームは延長戦の末敗れたが「勝ち負けはいろんな形で決着がつくのでしょうがない。ヘルシーでいられるのが一番」と、万全の体調で投げられることに満足そうだった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月10日のニュース