能見 7回1失点10奪三振も援護なく7敗目

[ 2011年7月10日 18:03 ]

セ・リーグ 阪神0-3ヤクルト

(7月10日 秋田)
 7回を3安打1失点。10奪三振のおまけ付きながら、阪神の能見に与えられたのは、早くも七つ目となる黒星だった。

 序盤から快調に飛ばし、7回1死までは無安打無四球だった。しかし6回、先頭打者の安打を足場に2死二塁とされ、青木を打席に迎える。一塁は空いていたが「(敬遠は)頭になかった」と勝負を選択し、チェンジアップを右前にはじき返された。唯一のピンチで踏ん張り切れず「(先発として)全然十分じゃない。先に点を取られているし」と責任を背負い込んだ。

 ただし、能見を責めるのは酷だろう。打線は毎回の走者を出して、毎回の残塁を記録。左腕を孤立させてしまった格好となり、真弓監督は「点を取らんと。能見の時は取ってないからね」とエースをかばった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月10日のニュース