11安打でわずか1点じゃあ…楽天の連勝ストップ

[ 2011年7月10日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天1―7日本ハム

(7月9日 旭川)
 楽天は投打で圧倒されて連勝が止まった。先発・井坂は5回途中でKOされ、中継ぎも失点を重ね「井坂は芯を食われていたし、他の投手も球が真ん中に集まっていた」と星野監督。

 打線も11安打を放ちながら1得点。6回以外は毎回走者を出しながら得点できない拙攻に、田淵ヘッドコーチは「野球は1試合で3回はチャンスがある。取れる時に点を取らないと、こういう展開になる」と嘆いた。

 ▼楽天・聖沢(2試合連続の3安打)いい形で打てるようになってきている。調子の波を小さくしていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月10日のニュース