ちょっとは“持ってる”かな?小川・正木がサヨナラ打

[ 2011年7月10日 06:00 ]

<山村学園・小川>9回無死一、二塁でサヨナラ打を放つ小川・正木主将

埼玉大会1回戦 小川2―1山村学園

(7月9日 県営大宮)
 小川が開幕試合で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。9回無死一、二塁で4番の正木主将が打席に入った直後、山村学園の中堅・鈴木の足がつって治療のため5分間の中断。試合再開後1ボール1ストライクから高めの直球を右中間へ運んで息詰まる接戦に終止符を打った。

 中断の間、1失点と好投したエース北裏からベンチで「思い切り振ってこい」と声を掛けられた正木。6月から打撃フォームで悩んでいたが「決めてやるんだという気持ちでバットを振った」。公式戦でのサヨナラ打は自身初で「気持ちいい。抽選会で開幕試合を引いて決勝打も打って、ちょっとは“持ってる”かな。勢いに乗れそうです」と迷いが吹っ切れた様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月10日のニュース